安全情報・領事関連情報:新型コロナウィルス関連



京畿道・新型コロナウイルス関連資料



京畿道・新型コロナウイルス関連資料(3月6日)


  6日,京畿道がコロナ19発生現況に関する資料を同ホームページに掲載したところ(令和2年3月6日午前10時基準),概要以下のとおり。


  1.全国現況
区 分 前日比 感染者の現況
増減規模 隔離中 退院 死亡
全国 518 6,284 6,134 108 42
京畿道 9 119 102 16 1


  2.市別感染者発生現況(居住地基準)
  高陽市:6人(前日比1人増)
  平沢市:5人
  富川市:9人
  水原市:19人
  九里市:1人
  始興市:5人
  金浦市:5人
  利川市:9人
  抱川市:5人(前日比1人増)
  安養市:7人
  龍仁市:13人(前日比1人増)
  坡州市:3人
  南楊州市:7人
  城南市:5人(前日比2人増)
  光明市:2人
  果川市:3人
  華城市:9人
  烏山市:2人
  軍浦市: 4人(前日比4人増)
  計:119人


  3.定例ブリーフィング及びコロナ19対応緊急のブリーフィング
  ◯ 京畿道コロナ19緊急対策団は6日午後3時,定例ブリーフィングを行い,下記の内容を発表した。
    - 盆唐ジェセン病院で感染者が9人確認された。患者3人,看護婦2人,看護助務士3人,保護者1人で,現在病院の診療は中断された。
    - 病院で大規模な感染者が確認されたのは京畿道では初めてで,京畿道は該当病棟患者と密接に接触した医療人をはじめ,すべての患者の検体を採取し,検査を実施している。
    - 京畿道の感染者を疫学分析した結果,男性が57%,30代が25.7%で最も多かった。 全国の場合,女性が63%,20代が最も多い。
    - 症状発現後,感染が確認されるまでの平均日数は4.45日で,最小0日から最大14日までで5日以下が75.2%であった。
    - 感染経路を見ると,初期は海外からの流入が主な経路であったが,2月中旬以降,大邱新天地,大邱・慶北地域が増加し,2月末ごろから果川新天地と感染経路が不明な場合が増加する傾向をみせている。 特定の感染地域に関係する流行より,地域社会において散発的に発生するケースが次第に増加していると考えられる。

  ○ 李在明(イ・ジェミョン)京畿道知事と李在禎(イ・ジェジョン)京畿道教育監が6日午前,緊急合同ブリーフィングを開き,コロナの拡散防止に向けた協力を促した。
    - 塾の関係者に対する積極的な休院協力を要請(現在,京畿道内の学習塾教習所のうち休院率は30%)。
    - 子ども緊急ケア支援を拡大(小学生ケア教室の運営時間の延長(19時まで延長))。
    - オンライン学習プラットフォームの活用、多衆利用施設の利用を控えるよう要請。

 


法的事項 | ウェブアクセシビリティ | プライバシーポリシー
Copyright(C):Embassy of Japan in Korea TEL 02-2170-5200 / FAX 02-734-4528  [Contact Us]