文化行事

2021年10月以降の日韓文化交流行事(公報文化院主催・後援事業,広報支援行事)

※各行事は、主催者側の都合により今後変更になる場合があります。当館主催行事に関するお問い合わせは当院(02-765-3011~3)へ、後援事業等につきましては各主催者へお問い合わせください。

※公報文化院は原則土・日・祝祭日休館(平日開館時間は10:00~17:30)ですが、諸般の事情により開館時間等が変更になる場合があります。当館ホームページにて御確認の上,お越し下さい。

2021年6月10日(木)~10月24日(日)

行事 影絵巨匠 藤城清治「光と影のファンタジー展」
主催 ケイ・アート・コミュニ―ケーション
後援 文化体育観光部、チョロク傘子供財団
場所 芸術の殿堂ハンガラム美術館3階
内容 影絵作家である藤城清治氏の影絵作品展が、2021年6月10日(木)から10月24日(日)まで芸術の殿堂ハンガラム美術館で開催される。藤城清治氏は日本を代表する影絵作家として、多数の表彰と芸術賞を受賞され、97歳の現在も幅広い作品活動を行っている。「光と影のファンタジー展」では、初期の白黒作品から最新作まで、「平和、愛、共生」をテーマとした150点余りの作品が展示され、童心とファンタジーの世界が経験できる。詳細は芸術の殿堂のホームページを参照。
問い合わせ ケイ・アート・コミュニ―ケーション 02-774-4980

2021年7月15日(木)~11月12日(金)

行事 2021ひらがな・カタカナデザインコンテスト
主催 在韓日本大使館公報文化院、国際交流基金ソウル日本文化センター
後援 (株)モリサワコリア、 一般財団法人自治体国際化協会ソウル事務所、時事日本語学院、(株)インペインターグローバル、日本語ジャーナル、韓国日本語教育研究会
内容 韓国の中学生、高校生及び青少年を対象に、日本語の文字(ひらがな、カタカナ)をモチーフに創作したデザインのコンテストを実施する。かなだけを使ったデザインであることから日本語学習の経験を問わず、すでに日本語に接している学習者はもちろん、それ以外の学生達も応募することができる。詳細な参加方法等は「かなコン」専用ホームページを参照。応募無料。
問い合わせ 国際交流基金ソウル日本文化センター 02-397-2844

2021年10月1日(金)~28日(木)10:00~17:30

行事 国際交流基金巡回展「人形‐芸術と美しさの日本人形」
主催 在韓日本大使館公報文化院、国際交流基金
後援 在韓日本大使館
場所 在韓日本大使館公報文化院2階シルクギャラリー
内容 「人形‐芸術と美しさの日本人形」展は、長年に亘って大人気を博した国際交流基金巡回展シリーズの「愛と祈願の表現‐日本人形展」に続く企画として設けられた。合計67点の厳選された人形を「節句人形」「美術人形」「庶民の人形」「人形文化の広がり」と4つのセクションに分け、日本の長い歴史の中で育まれた人形文化を紹介する。観覧をご希望の方は、感染症対策のため、時間指定の事前登録が必要。展示内容や観覧方法等の詳細は、大使館のホームページを参照。入場無料。
問い合わせ 在韓日本大使館公報文化院 02-765-3011(内線120、123)

2021年10月16日(土)10:00~12:10

行事 2021年度(第9回)全国大学生日本語翻訳大会
主催 社団法人韓日協会
後援 在韓日本大使館、国際交流基金ソウル日本文化センター、韓国日本学会、一般財団法人自治体国際化協会ソウル事務所、ソウルジャパンクラブ
場所 オンライン試験
内容 日本語を学習している韓国全国の大学生を対象に実施する大学生日本語翻訳大会。日本語を韓国語に、韓国語を日本語に翻訳する2分野を実施し、文学、歴史、哲学、政治、社会、経済、経営、科学等から出題。応募期間は9月13日(月)~10月10日(日)、参加方法などの詳細は韓日協会のホームページを参照。応募無料。
問い合わせ 社団法人韓日協会 02-3452-5999

2021年11月6日(土)13:00~17:30

行事 第10回全国高校生日本語スピーチ大会
主催 在韓日本大使館公報文化院、韓国日本語教育研究会
後援 国際交流基金ソウル日本文化センター、時事日本語学院、ANA、アイリス・コリア
場所 オンライン
内容 韓国の高校生を対象とする全国規模の日本語スピーチ大会。ソウル、仁川、大田、光州、京畿、江原、忠北、忠南・世宗、全北、全南の韓国全国計10か所で地域予選が行われる(嶺南地域は在韓釜山総領事館、済州地域は在韓済州総領事館が主催する高校生日本語スピーチ大会の優勝者が本選大会に参加)。地域予選を経て選抜された優秀参加者は、11月6日(土)に開催される本選大会に出場し、多様なテーマで日本語スピーチを行うこととなる。本年度は新型コロナウイルス感染症の影響により、非対面型で大会を行い、受賞者には賞状とともに日本語学習に役立つ多様な副賞が与えられる。参加無料
問い合わせ 在韓日本大使館公報文化院 02-765-3011(内線143)、韓国日本語教育研究会 kojata08@gmail.com