団体観光目的の査証申請について

2022年6月9日

2022年6月10日より、旅行業者等を受入責任者とする添乗員付きパッケージツアー(注)による日本への外国人観光客を対象とした査証申請を開始します。

(注)パッケージツアーとは、あらかじめ決められた行程に沿って行われ、日本入国から出国まで全行程に添乗員が同行し、行程を管理するものです。したがって、現時点では個人による観光は認められておらず、査証申請も受付けていません。当該制度の概要や手続の流れについては、以下の観光庁のホームページを参照してください。

令和4年6月10日以降の外国人観光客の受入れ開始について(観光庁ホームページ)

※ 団体観光目的の「短期滞在」の査証申請について、以下のとおりお知らせします。

※ 査証申請については、今後必要書類等が変更になる可能性がございますので、申請の際には最新の情報を当館ホームページで確認してください。

1.査証申請の受付について

2022年6月10日(金)~

(注1)査証申請時に「受付済証」(下記2参照)の提出が必要です。

(注2)現在、個人による査証(ビザ)申請は当館窓口での受理を停止し、当館指定の代理申請機関を通じた申請受理及び受け取りに限定しています。詳細はこちらを参照ください。

(注3)住民登録地(外国人登録地)が慶尚南北道、釜山広域市、大邱広域市、蔚山広域市、済州道の場合は、当館ではなく該当する総領事館に査証申請、または、お問い合わせを行って下さい。

2.査証申請の前に必要な手続

受入責任者となる旅行業者又は旅行サービス手配業者が、厚生労働省が運営する「入国者健康システム(ERFS)」の事前申請を完了し、「受付済証」を取得する必要があります。査証申請時には、この「受付済証」を提出してください。

※ 6月10日から、以下のページから旅行業者等の新規ID申請が可能となります。

外国人新規入国オンライン申請のためのログインID申請サイト

(注)受入責任者となる旅行業者又は旅行サービス手配業者は、当館では案内しておりません。各旅行業者に直接問い合わせいただくか、上記観光庁ホームページからお問い合わせください。

3.査証申請時に必要な資料

  1. ・査証申請書(英語 / 韓国語)(6か月以内に撮影した顔写真貼付)
  2. ・旅券
  3. ・住民登録票又は住民登録証(写し)、外国人の場合は外国人登録証(写し)
  4. ・「受付済証」(※上記2で発行されたもの)

4.その他のお知らせ(※必ずお読みください。)

○ 日本入国予定日までに余裕を持った査証申請の推奨

査証申請から発給まで時間を要する場合がありますので、入国予定日に余裕をもって申請してください。査証申請を受付けた順に審査を行います。旅行日程が迫っていても、日程に合わせて査証を発給することはできません。

○ 入国時の「陰性」の検査証明書の提出

日本人・外国人を問わず、日本へ入国の際には、「出国前 72 時間以内の検査(陰性)証明書」の提出 が必要です。

所定のフォーマットも含め、詳細は、以下のサイトを御参照ください。

(厚生労働省:検査証明書の提出について)

○ 観光目的以外の査証申請について(特段の事情による査証申請)

- 「商用・就労等の目的の短期間の滞在(3ヶ月以下)」及び 「長期間の滞在」の新規入国者

- 「親族・知人訪問」(3ヶ月以下)