領事及びビザ

領事部のご案内  窓口業務一覧  大使館へのお届出  パスポート(旅券)  各種証明書の発行
戸籍の届出(婚姻・出生・国籍等)  領事出張サービス  日本・韓国での手続き情報  子どもの親権をめぐる問題  査証申請等の案内
入国審査  外国人在留関係  在外被爆者関係手続き案内  教科書配布

査証申請等の案内
line
査証申請案内  再入国許可有効期間の延長申請の案内  日韓ワーキングホリデー  医療滞在査証


再入国許可有効期間の延長申請の案内


再入国許可(注)を受けて出国した外国人が,病気,交通機関の途絶,学業の継続等やむを得ない事情により,

再入国許可有効期間内に日本へ再入国できない場合には,それを証する書類を付して再入国許可の有効期間延長許可申請を行うことができます。

なお,再入国許可が効力を生じた日から6年(特別永住者の場合は7年)を超えない範囲に限られ,

日本で許可された在留期間を超えて有効期間の延長を行うことはできません。

また,1回の許可により延長する期間は1年を超えることはできません。

(注)再入国許可を受けず,みなし再入国許可で出国した外国人については,

出入国管理及び難民認定法第26条の2第3項の規定により,再入国許可有効期間延長の手続きはできません


【申請の際に必要な書類】

① 申請書

② 旅券(再入国許可証印が貼付されているもの)

③ 日本の在留カード,特別永住者証明書,又は外国人登録証明書

④ 再入国許可の有効期間の延長を必要とする理由を証明する資料(病気の場合は診断書,学業の継続の場合は在学証明書など)

(注)写真は必要ありません


【手数料】

再入国許可有効期間の延長の許可に当たっては,手数料27,000ウォンが必要です。

※ 再入国許可の有効期間の延長については,韓国人の方も手数料が必要です。

 

 

 

 

 


法的事項 | ウェブアクセシビリティ | プライバシーポリシー
Copyright(C):Embassy of Japan in Korea TEL 02-2170-5200 / FAX 02-734-4528  [Contact Us]