公報文化

公報文化院沿革  公報文化院長挨拶  公報文化院の事業案内  公報文化院の施設案内  文化行事
当館施設の利用申請のご案内  交流事業に対する資金援助  公報文化院の位置


文化行事
2015年5月以降の日韓文化交流行事(公報文化院主催・後援行事、広報支援行事)


※ 各行事は、主催者側の都合により今後変更になる場合があります。当館主催行事に関するお問い合わせは当院(02-765-3011~3)へ、

後援事業等につきましては各主催者へお問い合わせ頂きます様、宜しくお願い致します。

※ 公報文化院は原則土・日・祝祭日休館(平日開館時間は10:00~17:30)ですが、諸般の事情により開館時間等が変更になる場合があります。

当館ホームページにてご確認の上、お越し下さい。


●2015年5月16日(土)10:00~17:00

韓日修交50周年・2002韓日ワールドカップ大韓民国4強進出13周年記念

第25回韓日親善愛の友達ゴムドゥリサッカー大会兼Hummel Korea杯第12回全国脳性麻痺障害者サッカー大会


主催:大韓障害人サッカー協会、ゴムドゥリサラン会、ゴムドゥリサラン後援会

後援:在韓日本大使館公報文化院、文化体育観光部、大韓サッカー協会、大韓障害人体育会

場所:パジュ NFC

内容:脳性麻痺障害のある選手で構成されたチームによるサッカー大会で、韓国全国から10チーム、日本から神奈川県のCPサッカー・エスペランサチーム

が参加し、日韓親善大会を行う。日韓両国の脳性麻痺障害のあるサッカー選手同志の友好増進、技術交流を通じた競技力向上及び、障害のある者に対する

認識改善を図るための大会。参加無料。

問い合わせ:ゴムドゥリサラン会 02-382-7909


●2015年5月23日(土)~6月28日(日)

第4回仁川国際文化交流フェスティバル-日本の月

主催:仁川広域市

主管:仁川広域市文化院連合会

後援:在韓日本大使館公報文化院

場所:(旧)済物浦倶楽部

内容:近代、仁川(当時は済物浦と呼ばれる)に住んでいた外国人の社交クラブであった(旧)済物浦倶楽部において、5月から12月にかけて、外国の

文化を紹介する「仁川国際文化交流フェスティバル」を開催。 5月23日(土)~6月28日(日)は日本の月で、当院所蔵の工芸品や絵などの展示、浴衣・

伝統玩具体験、日本紹介映像や映画の上映などが行われる予定。観覧無料。

問い合わせ:済物浦倶楽部 032-765-0261


●2015年5月24日(日)16:00、19:00

TIME Tapdance Company Vol.1 <Tap Is Love> (Special Guest:Tokyo ARTN Tapdance Company)

主催:TIME Tapdance Company

後援:在韓日本大使館公報文化院、文化体育観光部

場所:CYシアター

内容:韓国の「TIME Tapdance Company」の創立記念公演に、日本の「ARTN Tapdance Company」がゲストとして出演し、日韓コラボレーション及び

スペシャル舞台を披露する。「ARTN Tapdance Company」を主宰している「みすみ ″Smile″ ゆきこ」は、日本国内は勿論NY・シカゴ・ハワイ・ミネソタ

・スペイン・フランス・台湾・香港などに招かれ国際的に活躍し、International Tap Association日本代表を務めている有名なタップダンサーの中の一人。

入場料:25,000ウォン

問い合わせ:TIME Tapdance Company 02-6390-9040 www.timetapdance.com


●2015年5月30日(土) 16:00~

第3回日韓交流親善コンサート in ソウル

主催:伝統芸術団ナム

後援:在韓日本大使館公報文化院

場所:韓国文化の家 KOUS

内容:日韓の伝統音楽奏者による「日韓交流親善コンサート」。韓国のデグム(横笛)・アジェン(7本の弦から成る弦楽器の一種)・民謡、日本の三味線

・尺八・鳴物などによる日韓伝統音楽の紹介及び日韓楽器のコラボレーション演奏が披露される。韓国側は伝統芸術団体である「ナム」の団員を中心とした

奏者、日本側は千葉を中心に活動している三味線奏者や尺八奏者が出演する予定。入場料:20,000ウォン。

問い合わせ:伝統芸術団ナム パク・ジンギョン 010-3903-5030


●2015年7月5日(日)、12月6日(日)

2015日本語能力試験

主催:日本語能力試験(JLPT)ソウル実施委員会

後援:外務省、文部科学省、在韓日本大使館公報文化院

場所:ソウル、仁川、大田、光州など14都市80か所の試験場(ソウル実施委員会管轄地域)。
嶺南地域や済州地域は、日本語能力試験ホームページ(http://www.jlpt.or.kr)参照。

内容:日本国内及び海外において、原則として日本語を母語としない人々を対象に日本語能力を測定し、認定することを目的とする試験。

出願期間:第1回は4月1日(水)~5月4日(月)、第2回は9月1日(火)~10月5日(月)。受験料:40,000ウォン~45,000ウォン。

問い合わせ:日本語能力試験(JLPT)ソウル実施委員会 1544-9760 http://www.jlpt.or.kr


●2015年7月17日(金)10:00~13:30

2015年第17回全国中高生日本語学力競試大会

主催:社団法人韓日協会

後援:在韓日本大使館公報文化院、独立行政法人日本学生支援機構、公益社団法人東京都専修学校各種学校協会、国際交流基金ソウル日本文化センター

場所:在韓日本大使館公報文化院3階ニューセンチュリーホール

内容:日本語を学習している韓国の中・高校生を対象とした日本語の実力を競うコンテスト。1次大会は5月23日(土)に石村中学校と東萊中学校で筆記

試験を行い、2次大会では1次大会で選抜された21名(中等部8名、高等部13名)による5分間のスピーチが行われる。優秀な成績を収めた学生10名

には4泊5日の日本研修及び商品券の副賞を授与。出願期間は4月13日(月)~5月13日(水)。参加無料。

問い合わせ:社団法人韓日協会 02-3452-5999 yjk@koja.or.kr


●2015年8月12日(水)~20日(木)

第36回韓日両国児童作品交流展示会

主催:韓日女性親善協会

後援:在韓日本大使館公報文化院

場所:在韓日本大使館公報文化院2階シルクギャラリー

内容:毎年、夏休み期間中に開催される韓日女性親善協会による日韓児童作品交流展。事前に作品募集を通じて選ばれた日韓の幼稚園児童及び小学生の絵と

作文が展示される。本展の後は、日韓女性親善協会による日本巡回展が、駐日韓国大使館韓国文化院他日本の4地域で行われる予定。また、展示期間中、

会場で絵画大会を実施し、最終日に授賞式を行う。入場無料。

問い合わせ:韓日女性親善協会 02-2273-7645


●2015年8月25日(火)~9月10日(木)

日韓美術交流展

主催:特定非営利活動法人ABRAZO

後援:在韓日本大使館公報文化院、日本交通文化協会、ギャラリーせいほう、熊本空港ビル、ハルナビバレッジ

場所:在韓国日本大使館公報文化院2階シルクギャラリー

内容:日本作家6名と韓国作家8名による日韓美術交流展。石・木の彫刻作品、陶芸作品、絵画作品、版画作品など多様なジャンルのコラボレーション展示

2014年に開催された彫刻家高濱英俊氏と陶芸家金徳姫氏による彫刻と陶芸の日韓交流展に続く展覧会で、

今回は既存の2人の作家をはじめとした日韓作家14名によるグループ展である。入場無料。

問い合わせ:キム・ドクヒ氏 016-450-3848


●2015年8月28日(金)15:00~16:00

音楽で手をつなごうコンサート~障害のある仲間とともに~

主催:音楽で手をつなごうプロジェクト 日韓交流コンサート実行委員会

後援:在韓日本大使館公報文化院

場所:在韓日本大使館公報文化院3階ニューセンチュリーホール

内容:日韓両国の障害のある(ダウン症のある人9名、知的障害がある人3名)音楽家が、両国の伝統楽器やマリンバ等を演奏する日韓交流コンサート。

プロのマリンバ奏者やソプラノとの共演も行われる予定。音楽を通じて、障害や国境を越えた相互理解を深めるコンサート。入場無料。

問い合わせ:down center キム・ジェヒョン氏 02-3296-2114


●2015年10月13日(火)~16日(金)

山水会 第11回作品展

主催:山水会-韓国伝統文化を愛する在韓女性の会-

後援:在韓日本大使館公報文化院

場所:在韓日本大使館公報文化院2階シルクギャラリー

内容:韓国で暮らす日本で生まれ育った女性たち(外国籍の者も含む)で構成された「山水会」による作品展。2004年に創立され、活動を続けてきた

山水会の会員が、韓国在住期間中に韓国芸術に関心を持ち製作した刺繍、民画、書道、陶芸、チョガッポ、モビールなどの製作活動の成果を展示する。

入場無料。

問い合わせ:山水会 02-2605-8920、010-5094-8960

 

 

 

 

 


法的事項 | ウェブアクセシビリティ | プライバシーポリシー
Copyright(C):Embassy of Japan in Korea TEL 02-2170-5200 / FAX 02-734-4528  [Contact Us]